バッタンキングのとりでのショートカットは有用で面白い!

バッタンキングのとりでは
ショートカットの宝庫です。

砦といってもガードが非常にゆるく
けっこうぶっ飛んだことができます。

特に鳥籠のショートカットは
このゲームの中でも
トップクラスに熱いと思います!

それでは基本的なものから
紹介していこうと思います。

 

スポンサードリンク

・侵入し放題の砦

・いきなり水たまりエリアへ

バッタンキングの砦の前半は
ジグザグに上っていくのが公式ですが
それを簡単にスルーできます。

むしろこのルートが基本になるので
赤コインを取る以外では
懐かしく感じてしまうでしょう。

砦は土で出来たような土台部分と
石造りの部分に分かれますが
高低差はほとんどありません。

反復横跳びで縁に掴まることなく
すんなり上がれてしまいます。

それで砦を上る坂道と水たまりの
分岐点へすぐ行けてしまいます。

また、スタート地点に木があるので
それを利用してもいいですね。

手間は同じくらいなので
どちらを利用するかは気分次第。

注意点としては、
☆3以降だとフクロウがいるので
木を利用するといちいち
セリフが表示されることくらいです。

非常に侵入しやすい砦でございます(笑)

 

・花畑の端から砦へ

オーソドックスなショートカットですが
個人的には地味に面白くて好きです(^^)

最も低い位置にある足場は
芝生と花が広がっています。

砦を左手に見ながら
端っこまで進むと行き止まりですが、
そこから強引に砦へ上がれます。

本来はトラップである穴の側面で
連続壁キックをします。

2回でOKなので難易度は高くないです。

穴の出入り口には動く足場がありますが
それは気にしなくても良いという
ちょっとぶっ飛んだ特徴があるのも
面白いところです。

というのも、動く足場は
薄っぺらいタイプなのか
下からだとすり抜けられるのです。

もしタイミングよく足場が来ても
瞬時にワープしたかのように
上へ上がれちゃいます。

なんとも優しい仕様の砦である(笑)

 

・大砲付近から砦中層へ上がる

砦の中層は本来なら
ドッスンがいる階段か
水たまりエリアの先の
坂道を登らないといけませんが、
侵入ポイントはたくさんあるんですね!

大砲付近は最もシンプルかつ
有用なポイントかもしれません。

大砲の正面はちょうどいい
坂になっているので、
3段跳びのあとジャンプ、
ボディアタックで簡単に上がれちゃいます。

上がった先は回転リフトなどの
ちょい面倒なギミックを越えた先なので
なかなか便利なのです。

ただ中途半端な位置なので
そこまで多用するかどうかは
微妙なところですが(笑)

 

・緑ブロック付近から強引に砦中層へ

これは大きく分けて2通りあります。

ひとつは階段に沿って
坂道を強引に登ります。

本来はドッスンがいる階段を使いますが
それよりもスムーズにいけます。

定番の3段跳びからの
ジャンプボディアタックですね!

欲張ると登りきれないので
パックンフラワーから
距離を取ったほうが確実です。

もうひとつ超マニア向けです(笑)

階段の右方向から
連続ジャンプキックをして
バッタンがいる付近まで
上るというもの。

シンプルですが坂が急なので
けっこうシビアです!

少しでも気を抜くと
あっという間に
空まで真っ逆さまになります。

しかもけっこう高いので
最後の方は神経がすり減ります。

このコースで一番おすすめできない
ショートカット間違いなしです(笑)

 

・リフトを使わず砦上層へ

バッタンキングがいる砦上層は
一見高くて簡単には
上れなさそうですが実は簡単です(^^)

しかも3通りあります。

1つ目は黄色い球がついた
長いポールから跳ぶ方法で
これが一番シンプルです。

一番高いところからだと
ただジャンプするだけでも
上層の縁まで届きます。

それ以外の地点からは
もちろんボディアタックです。

2つ目はパックンフラワー付近の
壁から駆け上がる方法です。

斜めになっているので
いつもの3段跳びからの
ジャンプボディアタックですね!

ただその先はちょうど細くなっており
少しだけ上がりにくいで
勢いがあると落ちます。

まあ落ちた先はリフトのところなので
それでもなかなかの近道です。

砦中層をほぼすべて
すっ飛ばしたことになるので(笑)

そして3つ目はちょいマニアックです。

バッタンの頭を利用して上がります。

オーソドックスなのは
バッタンの頭の上で三段跳び。

それだと一気に上がれます。

あとは頭上で反復横跳びでもいけますが
これが地味に難しいです。

常に動いているのと、
境界線がフラフラしてわかりにくいので。

やるとイライラすると思います(笑)

 

・バルコニーから砦中層へ上がる

このコースのバルコニーは
中層との行き来ができない
変わった作りをしています。

なのでふつうはスターに用がなければ
下に降りるしかないのですが
実は上がる方法があります。

左右どちらでもいいので
端っこのほうで2段ジャンプをし、
砦で壁キックをして
バルコニーの屋根に掴まるのです。

屋根は少しだけ外側に張り出してるので
斜めにジャンプしないと頭が当たります。

でも控えめだと上に届かないので
2段ジャンプが最適なんですね。

あと柱がご丁寧に2本もあるので
それがこのショートカットを
難しくしている最大要因になってます。

バルコニーの天井(砦中層)は
簡単に上れるので、
ちょっと難しいのに挑戦したい
という時以外は有用性0なので
気をつけましょう(笑)

 

・一気に塔の5~6段目へ

直立する板か5段目の足場の
側面で壁キックすることで
一気に塔の後半へいけます。

シュールですが
この塔は不思議と長く感じるので
すごくショートカットした気分になる
不思議な特長があります。

本当なら一気にてっぺんへ
行きたいところでしたが
残念ながら無理っぽいですね…

 

・ワープはまあまあ優秀

緑ブロック近くの壁と柵が交わる角と、
バルコニー天井の右端を繋ぎます。

一気に序盤から終盤へ
ワープするようなものなので
なかなか優秀な部類に入ります。

難点は微妙な位置にあるので
使いにくいところでしょうか。

そもそもこのコースは
メタルマリオでないと
攻略できない要素がないので
そこまでいく用事がほぼありません。

おまけにメタルの状態でワープしても
通常モードに戻ってしまうので
面白みも欠けています。

器用貧乏のようなワープ
といったところでしょうか…(笑)

 

スポンサードリンク

・砦のぶっ飛んだショートカット

ここからが本当に面白い
スターに関連したショートカットです!

 

・☆3を大砲なしで取る

バルコニーにあるスターですね。

本来は大砲を微調整して
行かないといけない
緊張するようなスターですが、
そんな苦労なく簡単に取れます。

上からだと落ちながら
ジャンプキックすれば
バルコニーの中に入れます。

下からだと反復横跳びか
3段跳びからの壁キックで
直接スターがある下層へ行けます。

天井が少し張り出してるので
下からの方が断然簡単ですね!

これで本当に良いのかレベルです(笑)

ちなみにバルコニーの下部分へは
ジャンプキックすれば
外側からスターが取れるので
ポールもいりません(笑)

 

スポンサードリンク

・フクロウなしで鳥籠へストーン!

このコースで最も面白い
ショートカットです!

一見フクロウ君の力がなければ
絶対入れなさそうな鳥籠ですが
実は可能なんですね!

しかも4通りもあります。

1つ目は壁キックです。

定番の三段跳びからの壁キックですが
これ例外的にかなり難しいです。

籠の縁に掴まることができないのが
難しくしている最大の要因です。

少しでも低いところで壁キックすれば
もちろん届かないですし、

角度によっては壁キック特有の
勢いがついてしまいます。

そのまま垂直方向に
籠に向かっても届かないので
角の少し出っ張った部分を
狙う必要もあります。

あと足場の浮島が回っているので
いちいち角度を微調整する必要もあり
かなり嫌らしくもあります。

達成できたら素直に嬉しいですね(笑)

2つ目は塔のてっぺんから幅跳びです。

4つの中では最もシンプルで
一番簡単ですが、
それでもギリギリなので
ふつうの幅跳びとはわけが違います。

あと塔のてっぺんは
なぜかジュゲムが真正面から
撮るように動くので
角度が非常に調節しにくいのも難点。

カメラストップをしないとなると
無駄に難易度が上がるので
けっこうイライラするかも…

3つ目はバッタンキングを利用します。

偶然遊んでいたら発見できたもので
けっこう嬉しかったですね!

まずバッタンキングを
鳥籠の方へ誘導します。

そして浮島から幅跳びをして
バッタンキングで壁キックをします。

バッタンキングは近づくと
すぐにバッタンしてきますが
その御蔭ですり抜けて背中に乗れます。

倒れてるすきにうまく角度を調節して
三段跳びをすれば籠へ入れちゃいます!

背中に乗るまでは
そんなに難しくないので
問題は三段跳びですね。

倒れてる時間は3秒ほどしかなく
鳥籠は微妙に見にくい位置なので
地味に難しいですね。

でも直接入れるので
壁キックと比べると楽です。

4つ目もバッタンキングを利用します。

今度は頭上から幅跳びです!

これまた角度と時間がシビアで
幅跳び系のショートカットでは
最難関レベルかもしれない。

頭上へはぶら下がった状態から上り、
くるくる動き出す前に跳ぶのがコツ。

そうじゃないと方向が定めにくく
そもそも幅跳びがしにくくなります。

4通りもあると1つか2つは
簡単なのが混じってるものですが
鳥籠は全部難しいという
類まれな特徴があります。

どれもチャレンジしがいがありますね!

 

スポンサードリンク

・まとめ

いろんな意味でぶっ飛んだ砦でしたが
鳥籠がダントツですごいです(笑)

エリア1の5コースの中で
面白さはトップクラスだと思います。

次に地味ですがバルコニーから
中層に戻るのがエキサイティングでした。

全体的に出来ることが多いので
個人的には名コースに入りますね!

スポンサードリンク