ほのおのうみのクッパのショートカットは実用性に富んだ聖地

ほのおのうみのクッパは
ショートカットの宝庫といっても
過言ではない面白いコースです!

ただ数があるだけではなく
実用性の高さも魅力です。

このコースは追いかけてくる
1UPきのこ君から逃げて遊ぶ
聖地でもあるので、

遊び尽くすにはショートカットを
使いこなす必要があります。

マグマが少々厄介ですが
やりごたえは十分です!

スポンサードリンク

・実用性が高いショートカット達

・金網リフトを使わず渡り切る

ふつうは金網リフトに乗りつつ
障害物を避けたり、
沈む前に横に飛ぶといった
アクションになります。

慣れると金網リフトを全く使わず
第一関門を突破できます。

最初の障害物である
遮る出っ張りまでは
幅跳びで飛び乗ることができます。

1UPきのこがある
台形の支柱の部分は
側面が坂になっているので
勢いを調節すれば
滑らかに上がることができます。

そのあともすぐ幅跳びをして
不安定な鉄板に飛び乗り、

2つ目の鉄板から
次の足場に飛べばOKです。

台形から鉄板は
少しシビアですが
慣れると勢いを止めずに
スムーズにいけます。

鉄板の次はリフトの降り場となる
低い地点でもいいですし、
真っすぐ飛んで
少し高いところの縁に
掴まる形でもいけます。

後者はまあまあシビアなので
上級者向きかもしれない。

シビアといえば
台形から2つ目の鉄板も
実は一気にいけます。

 

よりアスレチック感がある
楽しいショートカットですね!

ちなみに金網リフトは初期状態では
スタート地点に留まっています。

段差も何もないですから
ふつうは無意識的に金網リフトを
利用する形で幅跳びしてしまうものです。

それだと金網リフトを使わずに、
という部分が成立しなくなるので
感の鋭い方はそう思ったかもしれません。

しかし!金網リフト手前の足場からでも
ちゃんと出来るので、
近道の名前はちゃんと成立しています。

考察すると意外と奥深いポイントでした(^^)

・金網の通路の途中から上がる

赤コインが関係する変な形の通路ですが、
通常は浮き沈みする鉄板を
越えたところから始まります。

でも横宙返りか三段跳びなら
通路の後半部分へ一気に上がれます。

ジャンプするところは
浮き沈みする鉄板からなので
タイミングによっては
少々面倒なのが欠点。

特に横宙返りの場合、
頂点部分でないと届かないので
ちょい厄介です。

下手に飛ぶと
鉄板の下に潜り込んでしまい
あっという間にお釈迦になります(笑)

・石のシーソーへ一気に飛び上がる

本来はポールをつたって上がりますが
それなしでも余裕で上がれます。

そのほうが圧倒的に早くて面白いので
ポールを使うやり方のほうが
マニアックに思えてしまいます(笑)

このショートカットは地味に奥が深く
実は3通りも存在します。

1つ目は最もシンプルな壁キック。

上下に動くポールの先には
垂直の壁があるので
それで一気に上がれます。

幅跳びからの壁キックでも
1つ目のシーソーは低いので
楽勝で届きます。

もちろん端っこから飛ばないと
ポールに掴まってしまいます。

公式ギミックが邪魔という
皮肉なポイントでもあります(笑)

2つ目は金網の通路から上がる方法。

高い方のシーソー先には
上に続くポールが立っていますが
そこに直接掴まることができます。

でも微妙に距離があるので
三段跳び直後のボディアタックでないと
届きません。

でもそんなにシビアではないので
使いやすいほうではあります。

3つ目はマグマジャンプです。

個人的にはこれが一番好きですね!

ノーダメージで行けるのも魅力です。

クリボーの溜まり場に
くるくるハートがあります。

それをボディアタックで触れてから
マグマジャンプすることで
一瞬で体力が全快します。

で、2つ目のシーソーに
簡単に届く高さまでジャンプするので
あっという間に進めるわけです。

もしかしたら直接ポールまで
ジャンプするやり方のほうが
慣れると早いかもしれませんが、

やりやすさも考慮すると
マグマジャンプが最適に思えます。

・石のエレベーターを使わない

石のエレベーターは
このゲームでは珍しく
四方が金網で囲まれています。

ということで、
連続壁キックで簡単に上がれちゃいます。

エレベーターは壁キックで
失敗したときの救済措置的な
意味合いの方が強くなりますね!

このショートカットは
手前のポールで出現する
1UPキノコから逃げる遊びを
するときには必須になるので
けっこう重要です!

ちなみに、壁キックをする際は
高さを調節するのが肝。

あまり高く飛びすぎると
上に出たときに進行方向とは
逆側に出てしまう羽目になります。

なので高さを少し抑えて
4回で終わるようにしましょう。

・リフトも炎もひとっ飛び

石のエレベーターのあとは
一見すると難しそうな地点に出ます。

早く動くリフトに
吹き出す炎が設置されている
いかにもマリオらしいギミック。

しかし、とてもこじんまりしてるので
幅跳びで簡単に越えれてしまいます…

いえ、ふつうのジャンプでも十分です(笑)

リフトが3つくらい連続していて
吹き出す炎も2つほどあれば
それなりに難しかったと思いますが、

おそらく距離がなかったので
仕方無くそうしたのでしょう。

ただ、もう少し難しく
出来たような気もしますが…

・雲梯をすっ飛ばす

マリオ64の雲梯といえば
すっ飛ばすのが定番です(笑)

ここも3パターン存在します。

1つ目は幅跳び。

雲梯は短いので掴まるまでもなく
余裕で次の足場まで届きます。

2つ目は上から進む。

特に障害物はないので
当たり前のようにいけちゃいます。

手前は雲梯よりも高くなってるので
そこからジャンプすれば
簡単に上がれます。

まるで上がってくださいと
言っているかのごとく…(笑)

3つ目はどんけつがいる高台ルートです。

ここからだと雲梯云々の前に
その次のギミックも
一気に超えれちゃいます。

ちょうどダメージにならない高さなので
これまた親切設計です(笑)

・マジックハンドの足場のほぼ最上段へ

マジックハンドの足場は
上下に伸び縮みしています。

一番低くなったときにタイミングよく、
どんけつの高台から幅跳びすれば
最上段の1つ手前まで
一気に上がれるんですね!

この足場は高くなると
間の金網がけっこうな急坂になり、

タイミングが悪いと次のエリアに行くのに
待つ羽目にもなるので
このコース最大の問題児です(笑)

それを省略できるので
発見できたときは嬉しかったですね!

ただ、ちょうどいいタイミングは
ほんの僅かなので、
結局待つ可能性は高いですが…(笑)

ちなみにスタートしてから
ほぼノンストップで高台までこれれば
そのままスムーズにいけます。

・第3の池をほぼすっ飛ばす

最難関の第3エリアですが
端っこを利用すればほとんどを
すっ飛ばすことが出来てしまいます!

かなり狭いですが端っこは乗ることができ、
走ったり幅跳びもできます。

おすすめは連続幅跳びです。

速いうえに安定感があるからです。

走り続けることもできますが
内側の半分は緩やかな坂になっており
ずっと走るのは地味に難しい。

ただ、幅跳び後に坂の部分を走ることで
通常より速く走るモードになるので
それはそれで面白いです。

難しいのはゴール付近です。

マグマジャンプで余裕で届く高さですが
今度は横に移動しないといけません。

さすがのマリオもいきなり
直角への移動は難しいので、
勢いが足りないと
足場に乗れないときがあります。

下手する足場の側面に接触して
反対方向に勢いがついて
2回目のマグマジャンプでも
届かなくなるときだってあるのです。

なので最初はジャンプも横移動せず
ただマグマに突っ込んで、
2回めのマグマジャンプで
確実に上がったほうが安全です。

・ポールを使わず壁エリアを越える

最後は基本みたいなショートカットです。

第1エリアのシーソーのように
動くポールの両脇からジャンプをして
壁キックをすれば
ポールをすべてスルーできます。

ちなみにゴールに一番近い天井部分も
三段跳び+壁キックで掴まれます。

セオリーとしては端っこの細長い部分に
横宙返りでよじ登ってから
慎重に渡るものだと思いますが
それすらいらないことになります。

あと、2つ目のポールから
連続壁キックで上にいけますが、
中間の壁の上部から壁キックすれば
一気にスターが出現する天井もいけます。

すべて自力で行けるようで
素晴らしいですね!

スポンサードリンク

・まとめ

それなりに難易度が高いものもありますが
割と簡単な上に使えるものが多いですから
ここもやってて飽きないコースです!

特に個性的なのは
くるくるハートを利用しての近道。

あれが出来るのはここだけなので
とても貴重なポイントでもあります。

1UPキノコの遊びの聖地でもあり、
見た目の恐ろしさに反して
楽しいというギャップもまた良いです。

スポンサードリンク