スポンサードリンク

マリオ64には数々の足場が登場します!

普段は気にせずスルーするものですが
いろいろ考察していたら
注目したくなりました(笑)

ということで、かなりマニアックですが
ひとつひとつに解説と感想を交えつつ
紹介していきたいと思います。

※数がかなり多いので
少しずつ追加していく形にしています。

 

スポンサードリンク

エリア1

ボムへいのせんじょう

足場 風貌 特徴
掴まれる木の橋 掴まれる木の橋 数ある足場の中で
唯一無二の特徴をもつ木製の橋。

ステージ序盤で登場する
一見何の変哲もない橋だが、
下の面はなぜか掴まることが可能。

どうやってぶら下がっているのか
全くわからない神業に見えるのが面白い。

バキ(漫画)に登場する
シコルスキーもびっくりである(笑)

橋にぶら下げるマリオ

石の階段 石の階段 不安定な橋の先にある小さな階段。

一応、一段ずつ乗っかれるが
そのまま走り抜けることはできないので
階段というより壁に近い存在。

なぜそのようなものを設置したのか謎である。

もしかしたらボム兵向けかもしれないが
残念ながら登り降りするアクションはない…

鉄格子の石橋 鉄格子の石橋 橋というよりトンネルに近い足場。

片方が鉄格子で塞がれており
スイッチを押すことで通ることができる。

赤コインがあるので一応重要な場所だが
鉄格子を開く意味がほとんどないのが皮肉。

細い木の橋 細い木の橋 ボムキングの山の中腹にかかっている橋。
橋というより木の板っぽいけど(笑)

コインを取るときは渡る必要があるが
そうでなければジャンプで十分。

ショートカットの時に壁キックとして
使えなくはないがシビアなので
結局はあまり利用価値がない…

空の島 空の島 なぜか浮いている島。

見た目はシュールだが、
パワースターや大砲、羽ぼうし入りのブロック、
掴まるための木があったりと
コース最大級の意味深な場所。

島の下の砲台から行くのがセオリーだが
下手に木を狙うよりも最も上方に
照準を合わせたほうが安全。

ちなみにボムキングの山から
幅跳びで乗ることも可能だが、
かなりシビアなのでマニア向き(笑)

バッタンキングのとりで

足場 風貌 特徴
砦の階段 砦の階段 白い石で造られた階段。
ドッスン2匹が立ちふさがる。

階段は段数が少ない分、
高さがあり地味に登りにくい。

縁に掴まりたくないのに掴まるとか
ドッスンのタイミングがよかったり(笑)

慣れるとワープしたりスタート地点から
石の坂道からのルートを通ることが多くなるので
スルーしやすいのが救い。

砦の坂 砦の坂 砦の階段の反対側にある長い坂道。
階段と同じ素材で2つで1つのような足場である。

スタート地点からこの坂を登るルートのほうが
明らかに近いので慣れるとこっちがメインになる。

少々やっかいなのは幅が狭いので
ミスって落ちることが割とありがちであることと、
地味に長いので面倒に感じることである。

砦の小階段 砦の小階段 パックンフラワーの手前にある小さな階段。

そのまま走り抜けれるので
特に障害にはならないが強いて言えば
たまにボディーアタックで突っかかる程度。

なぜこのような足場にしたのか不明だが
あったほうがお洒落には見えるので
これはこれでナイスだと思います(^^)

材木の細い橋 材木の細い橋 落ちる足場の近くにかかる橋。

橋というより材木を橋代わりに
置いただけのような物体なので
そう呼ぶことにした(笑)

縁に掴めず細いので油断すると
慣れていても落ちる可能性があるが
短いのでジャンプをすれば全スルーできる。

看板が立つ
浮かぶレンガの床
看板が立つ浮かぶレンガの床 材木の細い橋と落ちるグレーの床の中間にある足場。
難所の中継点という感じ。

看板にはビギナー向けのアドバイスが書かれている。

広めに造られてるので勢い余って
落ちることなどはほぼないでしょう。

ある意味最大の特徴は
なぜ浮かんでいるのかである(笑)

テラス テラス 砦から大きく付き出した大きな足場。

最上部には不自然なほど長いポールが立ち、
中層にはコイン、下層にはパワースターがある。

上から下へは行けないという変な構造で
セオリーは大砲で行くのだが
面倒なので壁キックがおすすめ(笑)

塔 ☆2以降に出現するシンプルな構造の塔。

動く足場と固定された足場を螺旋状に伝い
てっぺんのスターを目指す形。

エレベーターも付いているので
なかなか凝った仕掛けである。

ふくろう君の力を借りれば全部スルーできるが(笑)

直立の板 直立の板 不自然に垂直に立っている巨大な木の板。

ジャンプキックで倒すことで
橋代わりにする変わった物体である。

ありそうでないおもしろ物体だが、
それがないと先に行けないほど
大掛かりなものではない。

ちなみに垂直状態のとき、てっぺんに登れる。
(もちろん自己満以外の意味はない笑)

直立の板の上は登れます

矢印型の浮島 矢印型の浮島 誰が見ても人工物であろう形をした浮島!

足場と案内板の両方の役目を果たす
稀有な存在である。

おまけにコインが大量に乗っかってるので
無駄に行きたくなる魔力がある。

浮かぶレンガの床 浮かぶレンガの床 コース前半にあった浮かぶレンガの小さい版。

赤コインがあるので一応重要なポイント。
面積は広くないので油断は禁物。

何の変哲もなさそうな煉瓦の塊だが
相変わらず浮いているのはすごい。

原理はもちろんわからない。

回る浮島 回る浮島 ゆっくり回る浮島。

赤コインと黄コインがあるので
立ち寄る可能性が高い場所。

鳥籠やバッタンキングで遊ぶ拠点にもなるので
間違った遊び的にも重要な場所である(笑)

鳥籠 鳥籠 ☆5のパワースターがある足場。

上がぽっかり空いているので
鳥籠というより牧場とかで見かける
囲いの小さい版といったもの。

ふくろうの力を借りなくても入れるのがミソ。

かいぞくのいりえ

足場 風貌 特徴
水に浮かぶ床 水に浮かぶ床 いかにも海に浮いていそうな古びた板状の物体。

浮力はしっかりしているので
ひっくり返ることはない。

端に乗ると少しだけ傾き、縁には掴まれる。
水に浸かりながら掴まる状況は地味にレア。

追記
なぜか中央の3分の1くらいの範囲の縁しか
掴まれないことがわかりました。

おそらく水の範囲に
入ってしまうからだと思います。

海藻の床 海藻の床 沈没船内部に存在する足場。
木に生えるサルノコシカケというキノコの様である。

長らく水中にあったせいか海藻が付着している。

滑らないが大小様々なサイズがあり、
うっかりすると足を踏み外しがち。

ちなみに海藻に触れることはできず
当然食べて体力回復とかも無理である。

沈没船の
床の仕切り
沈没船の床の仕切り 沈没船の床に取り付けられた太い木材。

本来は足場ではないがその機能を果たす。

が、とても細いのであまり頼りにはできない。

海藻の橋 海藻の橋 沈没船に乗るための足場。

だが、!スイッチでブロックを出して
進むようになっているので
進行方向に対して水平に並んでいる。

ゆえにミスって落ちやすい。
ちょっとした魔物が棲むゾーンになっている!

全く滑りはしないのだが、
どうも進みにくい魔力がある気がする。

張り出し 張り出し 入り江の崖に張り出す石の足場。

大砲からトゲを経由しないと辿り着けない
スリリングな場所である。

面積は狭くはないが広くもないので
トゲからのダイブは割と緊張する方である。

パワースターがある以外は
特にこれといった特徴はなく、

ヒップドロップしても壊れるといった
意地悪な仕掛けはないので安心ではあるが
面白みには欠けてしまう。

さむいさむいマウンテン

足場 風貌 特徴
スノーマンハウス スノーマンハウス スタートから真っ先に目に入る意味深な家。

本来はスライダーの入り口となるものだが
しっかり乗れることから立派な足場でもある。

サンタ向けかと思われる大きな煙突と
低い屋根、ドアがない変な特徴が目白押し。

屋根は低いのでペンギンがいる段までは
横宙返りでないと登りにくく意外と癖がある。

山頂の吊り橋 山頂の吊り橋 何かの理由で切れた吊り橋。

見た目は単なる朽ちた遺物だが、
端っこに立つとワープするという
とんでもない特徴がある!

ワープ先も同じく切れた吊り橋なので
昔は繋がっていたのか、
もしくは見えない世界では
今も繋がっているのかもしれない。

スノーマンハウスの
床板
スノーマンハウスの床板 一見、ただの床板だが、
通常の足場と違い微妙に滑るのが特徴。

凍っているというよりワックスがかかっている
くらいの感じである。

そんな微妙な滑り具合の足場はここだけ。

スーパースノー
スライダーの床
スーパースノースライダーの床 見た目通りよく滑る床。

マウンテンスライダーと違い
立てる場所は全く無いのが大きな特徴。

コース自体は広いので
そんなに難しくはないが
ペンギンレースは少々難しくなり、

コインをコンプリートするのは
えらい大変になる。

ちなみに大幅なショートカットをすると
ほとんどお役御免になる(笑)

氷の床 氷の床 スーパースノースライダーのゴール直前にある
とてつもなく滑る床。

立つことすらままならず、
踏んだ瞬間、腹か尻をつけることになる。

ゆっくり歩を進めたとしても歩けないので
何かの魔法がかかったかのような滑り様である。

これがクッパのステージのような
複雑なところになくて本当によかった(笑)

雪だるまの床板 雪だるまの床板 山頂の雪だるまの台座が置かれている床板。

木が二本規則正しく配置されており、
いかにもスタート地点を思わせる見た目。

この山の住人?はかなりの
モノ好きかもしれない。

この文章を書いていて気づいた
地味にすごい点は、
なぜ雪が積もらないのかである!

ちなみにフワフワさんが
配置されているのは一見適当に見えるが
ショートカット的にはすごく重要。

スローマンの吊り橋 スローマンの吊り橋 スローマンが2体、飛び跳ねている吊り橋。

この吊り橋は途中で切れていないものの
幅が細いのでスローマンの下か上を
通過するしかないやらしさがある。

小ペンギンを連れて行く正規ルートになっており、
慣れていないうちは難所となる。

幸いなのは橋が切れるトラップがないことくらい。

中腹の吊り橋 中腹の吊り橋 見事に真っ二つになったような吊り橋。
なぜ平行を保っていられるのか不思議でならない。

一般的には通れないという設定っぽいので、
スターの台座はやらしい場所にあるようだが、
実は幅跳びで渡ることが可能です。

それかワープを知らなければ大砲で上まで
登るしかないというめんどくさいことになる。

ただ、幅跳びはまあまあシビアなので
コツを掴まないと何度も落ちる絶妙な距離である。

木の通路 木の通路 山の麓のスノーマンハウスから続く
木製の大掛かりな通路。

もしかしたらスライダーの
一部かもしれない。

滑らないのは有り難いが
他にこれといった特徴はとくにない。

麓の吊り橋 麓の吊り橋 山のふもとの空洞のような場所にかかる橋。

前半部分は小さい浮島にかかり、
後半部分は途中で切れている。

一見、浮島の赤コインに気を取られて
意味のない空間に思えてしまうが
実は山頂の吊り橋と繋がっている。

異次元の繋がりを思わせる
とても意味深な足場である。

慣れると幅跳びでショートカットしたくなるが
油断すると落ちるので注意!

赤ボム兵のいる浮島 赤ボム兵の浮島 そのまんまのネーミングだが
一応攻略本の表記はこうなっている(笑)

小さな円錐型の浮島で木が一本立っており
風について書かれた看板に
赤ボム兵君がいる密度の高い足場。

立てる面積が非常に狭いので
慣れていないとゴンドラから
乗り移ることも地味に難しい。

縦風は麓の方にしか吹かないので
あくまで帰り用の救済措置である。

ちなみにスローマンの吊り橋から
飛び降りて乗ることも可能なので
成功できた時は地味に面白い(^^)

柵付きの上段 柵付きの上段 このコース最難関のスターを取るための
中継点となる大きな足場。

隠れスーパー壁キックというタイトルだが
この足場に乗る時は壁キックは必要なく
二段ジャンプでも上がれてしまう。

とても面積が広くご丁寧に柵まで設置されてるので
ここまでは非常に優しい難易度である。

細い氷の通路 細い氷の通路 とても緊張感がある見た目の足場。
リアルにあったら超危ない!

慣れていないと何度も落ちそうな細さなので
まさにコース最難関スターにふさわしい足場。

登り方は3通り。端っこで90度壁キック、
3段飛びからの180度壁キック、
中間あたりから壁キックで細い部分に掴まる。

通路は走ると難しいが歩きならそうでもない。
おすすめは幅跳びだが、
それだと通路の立場がない(笑)

ちなみにくるくるジャンプでこれることは
かなり有名だがそれだと元も子もない(笑)

テレサのホラーハウス

足場 特徴
レンガと木の足場 どっしりとしたテーブルのような足場。

テレサの絵の下辺部分とぴったりなので
裏口への通路のようにも見える。

無駄にご丁寧な配置だが、
通り抜けられますよ~という
暗示なのかもしれない。

裏口の部屋の段差 裏口から入る部屋の端にある足場。

この部屋はテレサが2匹いるだけで
他は何もない空虚な場所。

よってこの段差に上がって
隠し通路に通じるなどの
面白い流れは一切ない。

ほんの少しだけお洒落に見えるのと
なぜか裏部屋にしては綺麗なので
ある意味では面白いが…

穴だらけの赤い金網 くり抜かれたような穴が空く金網。

落ちると1階からやり直しという
仕掛けになっているが、

穴だらけなのが仇となり
壁キックで簡単に上がれるという
まさかの不具合がある(笑)

上がる時はふつうのジャンプからの
壁キックが一番やりやすい。

はじめから高いと
逆に引っかかって上がりにくい。

ちなみに掴まることはできない。

緑の柵の足場 少しだけ特別感が漂う足場。

落ちる床とセットになっているので
そこを通らせたいがゆえに
柵があるのだと思われる。

落ちるとメリーゴーランドなので
まあまあ緊張感があるのだが
慣れると幅跳びでひとっ飛びである(笑)

面積も広いのでそんなに
難しくもないでしょう。

右の部屋の足場 シンプル過ぎる感があるネーミングだが
一応攻略本に準拠したものである。

台形と細道が組み合わさった足場で
ほとんどが穴となっている。

落ちても死なないが
メリーゴーランド行きなので
油断せず行きたいところ。

まあそこまで面積は狭くないので
そこまで気を張る必要はありません。

2階の足場 メインホール2階の足場。
柵もありいかにもお屋敷という風貌。

通常は親方テレサを倒して
階段を出現させてから行くのだが
壁キックで上がる方が
断然おもしろい(笑)

柵が低いので上がり放題なのと
青ブロックがある小さいスペースにも
幅跳びで簡単に行き来できる。

ちなみに左側の広場に
スターの台座があるが
あまり用事がないので
存在感が薄い。

小屋の屋根 お屋敷の外にある
地下通路に繋がる小屋のこと。

斜め部分は走っても
なかなか進めないタイプなので
油断するとすぐに落ちてしまう。

頂点部分だけ平面なのだが、
幅が狭いので慣れていないうちは
登るだけでも一苦労だろう。

まあ強引に突き進めば
割と簡単に登れますが(笑)

むしろバッタブロックで
登るほうが難しい。

一見、登る理由はないのだが
端の方に1UPキノコが
ひっそり設置されている。

ちなみに内部の床はふつうの板張りで
特にこれといった特徴はない。

吹き抜けの足場 キラーピアノがいる部屋の2階部分の足場。

2階の左のドアからだと単なる行き止まりで
その隣のドアからでないと
スターに辿り着けないのが通常の認識。

隣の足場にスターがあるのだが
距離が非常に短いので
2段ジャンプでも余裕で渡れてしまう!

本棚おばけの仕掛けが台無しなので
明らかに設計ミスである(笑)
(あえて狙った可能性もありそう)

一段高い床 意味深な雰囲気が漂う床。

3階に繋がる重要な足場なのだが
初見ではかなり気づきにくい。
(自分は友達に教えてもらうまで
わかりませんでした笑)

上から見ると矢印のように
見えなくもないがさすがに
ヒントとして厳しいような…

ちなみに端っこの方の
灰色の三角形の部分は
なぜか掴まることができる!

登ると少し滑って
足場にちゃんと着地できる。

どうでもいいシュールなことだが
おそらく唯一無二の特徴である。

バルコニー 2匹目のボステレサがいる足場。

バルコニーなのに柵が全くなく
油断すると落ちかねない
微妙な広さというまあまあな
意地悪仕様である。

まあボステレサがあまりにも弱いので
特に問題ではないが(笑)

お屋敷の屋根 小屋の屋根の大規模バージョンである。

バルコニーから幅跳びなどで
サイドの屋根を伝い、
最上部から屋敷の
中央部分へ進むことになる。

立てる場所は頂点部分のみで
柵も雪止めのようなストッパーもなく、
落ちると1階から
やり直しというスリルがある。

ジュゲムがなぜか寄ってくれないので
主観カメラでないとまっすぐ進むのは難しい。

もし主観カメラを知らなければ
強制縛りプレイと化します。

ちなみにバルコニーから強引に
ショートカットできます。

それが知られたら屋根の立場は
ほとんどなくなってしまう(笑)

※ご連絡
ここから先も文章は用意していますが
アップはスローペースになります。

まずは敵の倒し方の方を
優先したいからです(^O^)/

よろしくお願いします。

スポンサードリンク