チックタックロックのショートカットはやりごたえあり!

チックタックロックは高難度ですが
面白いショートカットが多いコースです!

コース自体が複雑かつ縦長ですから
ショートカット出来るのが
前提のような風にも見て取れます。

スターに関わることも多いので
ある意味ではみずびたシティーよりも
エキサイティングです。

それでは各近道を紹介していきます(^^)

 

スポンサードリンク

・難易度高めだが面白いショートカット達

 

・00分以外でシーソールートへ

赤コインが集中している
連続シーソーゾーンを上がれば
大幅なショートカットが可能です。

ただ、シーソーが止まっていないと
あまりにも難しいので
おすすめはできません。

あくまでフェチの領域です(笑)

自分は一番遅いスピードなら
成功したことがありますが
それ以上だとありません。

これは1UPキノコとの追いかけっこと
同じかそれ以上の難易度に思えます。

 

・3連キューブを3分の2カット

序盤の難所という感じですが
壁キックを使えば
キューブを1つ越えるだけで
OKになってしまう。

壁キックは二段ジャンプでもいいが
横飛の方が余裕があって良い。

シュールですが
非常に役立つショートカットです。

ただ、勢いをつけすぎたり
タイミングが適当すぎると
案外失敗しやすいので
魔物が潜んでるような気もする(笑)

 

・六角形の回転台エリアから
三角形の回転台へ上がる

六角形の回転台を越えていくだけの
シンプルなゾーンですが
なぜか途中に金網が設置されています。

そしてこの金網が少々特殊で、
なんと上に立つことができます!

ほとんど幅がないのに
なぜ立てるのかと
誰もが突っ込みたくなるでしょう(笑)

あと掴まることもできるので
見た目に反してかなり上がりやすい。

で、そこから壁キックをすれば
一気に振り子の部屋の手前にある
三角形の回転台へ飛び移れるのですが
ここが一番むずかしいところ。

少しでも低くなると届かないが
助走しにくいので
2段ジャンプではかなりシビア。

基本は横飛が良いのだが
足場的にそれすら難しいという
けっこうなショートカットです。

そして…

後述する振り子の部屋への
ショートカットをすれば、

わざわざそこから上がる意味は
全くないのがwかるというのが
皮肉にも何よりのポイントである(笑)

 

・☆3を時計の針なしで取る

☆1の真下にあるスターは
通常なら時計の針に乗って取るもの。

だが、あまりにも近いところにあるので
針など全く必要としません。

☆1のスターの手前にある
半分だけ突き出ている
六角形の回転台から降りれば
自然と縁に掴まれる。

ある意味では大問題な設計(笑)

 

・カゴ(金網)から振り子の部屋へ上がる

通常なら中層の大きな足場を
グルっと回らないと辿り着けない
面倒な配置なのですが、
それを大幅に短縮できます。

☆1の金網から壁キックをすれば
簡単に部屋に侵入できます。

壁キックの位置は
だいたい金網が折れているような
半分付近より手前(スタート側)。

仕掛けが動いているときは
たまに振り子に邪魔されるが
さほど問題ではない。

問題なのは勢いを付けすぎて
落ちてしまうことです。

 

・上下リフトなしで
ポールの足場へ上がる

☆1の直後に下り坂があり、
そこから上下リフトにのって
先を目指すという部分。

坂の半分くらいのところで
幅跳びをすればちょうど
縁に掴まることができる。

大したショートカットではないが
いちいちリフトを利用するより
幾分かスムーズである。

ただ、無駄にシビアなので
失敗すると強制的に
リフトに乗る羽目になったり、

下手したら真っ逆さまという
割りに合わないリスクがある(笑)

 

・ポールなしで中層へ上がる

ポールが立つ足場の
端の方で壁キックをすれば
くるくるハートの足場の
下から潜り込むように上がれる。

ポールをよじ登るのが
煩わしくて面倒に感じるのなら
価値があるかも?

また、なんらかの理由で
おっかけ型の1UPキノコを
出現させたくないときにも役立つ。

 

・上下リフトなしで
上層エリアへ向かう

くるくるハートの横を動く
上下リフトは動いていなくても
ちゃんと上へ進めます。

少し高さはあるが
壁キックなら問題なし。

三角形、六角形どちらの
回転台にも飛び移れます。

ここも勢いがありすぎると
落ちる典型ポイントなので
油断しないようにしましょう。

 

・中層の足場から
3連突き出しエリアへ上がる

ポポイがいる付近に
気ブロックがあるので
それを足場にして3段ジャンプ後、
壁キックすれば簡単に上がれます。

中層以上へ上がる
もうひとつのルートと言ったら
多少は聞こえはいいですが、
全く需要のないルートである(笑)

わざわざこちらから登っても
遠回りなだけであり、
そこからしかいけない場所もない。

隠し1UPキノコを取りたいにしても
突き出し3つを踏まないと
出現しないので、
どう考えても自己満でしかない(笑)

 

スポンサードリンク

・振り子の部屋の足場へ
三角形の足場なしで渡る

これは単純に幅跳びするだけで
OKという単純明快なもの。

ショートカットといっていいのか
自分で言うのもアレだがかなり怪しい(笑)

本来は面積の小さい足場を
なんとか渡ってね!
という意図なのでしょうが、
幅が狭すぎですね!

そもそも振り子の部屋へは
他のショートカットの方が有用なので
全然立場がない近道である(笑)

 

・振り子の部屋から
くるくるハートの足場へ戻る

これは調査中に発見した
個人的に新しい近道です!

シンプルにも青コインスイッチ付近から
幅跳びするだけで届くという
意外と盲点だったショートカット。

足場が狭いのと
角度が少しシビアですが
そこまで難しくはありません。

もちろん逆からも出来ます。

これにより、ポポイをはじめ
三角形の回転台の立場が
一層薄らぐことになった(笑)

 

・☆5の金網から螺旋通路へ上がる

突き出しを乗り越えてのスターがある
大きな金網から壁キックすれば
簡単に螺旋通路の途中までいけます。

これに久々登場のキューブや
ベルトコンベアー地帯を
全部すっ飛ばせます。

高さがあるので
横飛か3段飛びでする必要があり、
なおかつ通路の側面とコースの果てで
さらに壁キックしないといけない。

そして通路は狭いので
勢いを調整しないとすぐ落ちるので
シンプルだけどちょいムズな近道です。

 

・4連突き出しをすっ飛ばす

落とされるかもしれない
恐怖のゾーンのようだが、

手前で壁キックをすれば
金網内へ簡単に入れてしまいます。

水平の壁から飛んで
横に移動するだけでいいので
何の変哲もないショートカットです。

00分で止まっていても
ギリギリ通れるのだが
それが煩わしいときなどはいいでしょう。

 

・4連突き出しの金網から
螺旋通路へ上がる

金網→壁へ壁キックすれば
簡単に螺旋通路1周分を
すっ飛ばせます。

ベルトコンベアーゾーンを
まるまる飛ばせるのは大きい。

ちなみにこの金網は
縁に掴まれないうえに
端っこだと強制的に弾かれて
壁キックできません。

なので壁から始めると
やりにくいので
金網から開始したほうが
断然やりやすいです。

 

・3連シーソーをすっ飛ばす

3連シーソーはふつうに難しいので
いかにもこの先に良いアイテムが
あるような雰囲気があります。

が、ふつうに2段ジャンプや
横飛などで足場に飛び移れるという
妙な設計になっています(笑)

ちなみに黄ブロックの中身は
何のひねりもない1UPキノコです(笑)

 

・3連シーソー後の金網から
ドッスン付近へ上がる

先の残念な足場は強いて言えば
てっぺんへのショートカットに
繋がっています。

そこから横飛で壁キックをすれば
一気にてっぺんドッスン付近まで
到達できます。

高さがあるので
壁キックは3回必要になり、
勢いも調整しないといけないのは
先の突き出しゾーンと同じ。

 

・2連シーソーをすっ飛ばす

これは先のドッスン付近のやつと
4連突き出しのやつでも出来るのだが
一応もう一通り紹介。

気づきにくいが螺旋通路の中央には
大きな足場があり、
そこに乗れば少しやっかいな
2連シーソーをすっ飛ばせます。

10コイン入のブロックもあるので
コイン集めのときは効率が良いが
そうじゃなければふつうに
進んだほうがいいかもしれない。

 

・てっぺんの止まった針から
ドッスンの下の足場へ行く

針の起点から幅跳びすれば
いいだけなのだが
これが意外と難しい。

ジュゲムが思った通りに
動いてくれないのが原因。

正面に向けてカメラを向けてても
飛んですぐに視点が180度
切り替わってしまい
勢いがなくなり届かないことが多い。

横にしても真横じゃないので
勢いがつけにくい。

なので主観モードにしないと
難しいという珍しいポイント。

そもそも手前の通路から
行けるところをわざわざ
針の上から行くのは
ショートカットと言えるのか?

というのは
議論を呼ぶところである(笑)

 

・00分でてっぺんドッスンの
スターを取る

手前の茶番はさておき、
これこそがこのコースの華といえる

素晴らしいショートカットである!

通常のプレイでは
仕掛けを動かした状態でないと、
針が動かないので
ドッスンのところまで行けない。

下のスペースは黄ブロックから
10コインを取るだけの
寄り道ポイントに過ぎない。

と、なるわけですが
全くそんなことはないわけです!

むしろこのコースで
最高にエキサイトなポイントです!

 

近道ルートは主に3通りあります。

1つ目は個人的におなじみの
サイドからいくルートです。

斜めってる壁の最下部から
3段飛びをして壁キック。

その後ドッスンの側面、
壁でしたあと
ドッスンの頭に乗ります。

その後の勢いのまま
横飛でスターを取るのが
おきまりのスタイルです(笑)

当然、ドッスンは動いてるので
タイミングが重要になります。

ドッスンが降りる少し前に
最初の壁キックをする必要がある。

2つ目はドッスンの後ろ側から
壁キックをしていきます。

このルートだと一気に
スターがある足場へ登れます。

ただ、壁キックの回数が増え
角度が悪いと距離が出てしまうなど
側面よりも難易度が高い。

ドッスンの背中を借りるので
タイミング合わせも地味に面倒。

3つ目はドッスンいらずの
一番難易度が高い方法。

10コイン入の黄ブロックを利用して
3段飛びをして後ろから
スターの足場にいくルートです。

ブロックは非常に面積が小さいので
ジャンプ自体難しいうえに
障害物と視点の問題もある。

すぐ後ろにドッスンの足場の
柱があるので視点を真後ろにすると
マリオが全く見えなくなってしまう。

よって斜めから見る形になるが
それはそれで方向を定めにくくなる。

あと壁キックのタイミングが
掴みにくいので、
思った以上に難しかったです。

コース最後を飾るにふさわしいですが(^^)

 

スポンサードリンク

・まとめ

設定的にどうなの?というものも含め
かなり面白いショートカット満載なので
何度もやりたくなるコースです。

難易度は高めですが
やりごたえがあってイイですね!

特に達成感があったのは
序盤の方の六角形の足場が連続するところと
てっぺんドッスンのショートカットです。

あと仕掛けは動いてる方が
よりエキサイトですね!

このコースは複雑なので
まだ何かありそうな気がします(^^)

スポンサードリンク